愛染明王(あいぜんみょうおう)は、仏教の信仰対象であり、密教特有の憤怒相を主とする
尊格である
明王の一つ。チベットの経典や儀軌に散見され、チベット密教の四大宗派に共通する
後期密教のテキストである「
プルパ金剛の儀軌や次第、グル・デワ・ダキニの『三根本法解説』
等には「プルパ金剛十大忿怒尊」の一尊としてこの愛染明王
が登場する。また、漢訳では真言宗
五部秘経に数える『瑜祇経』を典拠とするだけではなく、『仏説瑜伽大教王経』や『仏説持明蔵
伽大教尊那菩薩大明成就儀軌経』などで、尊那仏母(准胝観音)や、大日如来の守護尊として、
穢跡金剛
不動明王らと共に、梵名のタキ・ラージャの別名でも登場する。『覚禅鈔』では
愛染明王を「
タキ・ラージャ」と挙げ『妙吉祥平等秘密最上観門大教王経』にはタキ・ラージャが
大愛明王」と訳されており、その真言が「ウン・タキ・ウン・ジャク」とあるので那須政隆
タキ・ラージャを愛染明王であるとしている。このように数々の経典にも登場するので愛染明王は
インド密教においてもポピュラーな忿怒尊であることが伺われる。

なお、愛染明王は日本密教とチベット密教を結びつける尊挌の一つに挙げることができる。